ライティングにおすすめ!文章を自動で作成してくれるWebアプリまとめ

Catchy

AIが自動で広告のキャッチコピーなど様々なパターンの文章を自動生成してくれます。

文章のリライトや、ブレストなどのアイデア出しにも使えるパターンが用意されており、

活用できる場面が多く、とてもおすすめのツールです。

Ubersuggest AI Writer

記事のキーワードを入力して、タイトル → 説明書き(メタディスクリプション) → 見出し の順に提案された候補を選択することで文章を自動生成できます。

キーワードからタイトル、説明書き、見出しだけを個別で生成することもできます。

生成される本文は英語になるので自動翻訳を併用すると良いです。

ELYZA Pencil (イライザ ペンシル)

キーワードを2〜8個設定してボタンをクリックするだけで文章が自動生成されます。

「ニュース記事」「メール文」「職務経歴書」の3カテゴリが用意されていて、

それぞれに合った画面表示で文章が出力されます。

以下は、「WEVA」「比較」「Webアプリ」「リリース」「よくまとめている」「Webエンジニア」「おすすめ」「作り方」の8つのキーワードでニュース記事を自動生成した結果画面の例です。

PlayAI(ぷれあい)

120文字以上の冒頭文を記入することで、記事文章を自動生成できます。

冒頭文が長いほど自動生成の精度の高くなります。

また、自動生成には2~3分ほどの時間がかかります。

ゴーストライター

文章を入力して「文章生成」ボタンをクリックすると、マルコフ連鎖アルゴリズムによって右側に自動生成された文章を表示します。

「文章生成」ボタンをクリックするたびに生成される文章が変わります。

何度かクリックして変化を見てみるのも良いでしょう。

その他、文章に関するAIアプリ

文賢


豊富な推敲支援、校閲支援機能を備えたツールです。

文章を具体化するための問いかけ機能や、表現力豊かな「文章表現」や「言い回し」を自動でレコメンドする機能など、

より良い文章を作成するためのユニークな機能を豊富に備えています。

視点が変わる、言葉が変わる。文章作成アドバイスツール【文賢】

ELYZA DIGEST (イライザ ダイジェスト)

長い文章を3行に自動で要約してくれるAIアプリです。

以下の画像はWikipediaの「インターネット」の記事文章を要約した結果の例です。